低金利で借金を返済する方法

元消費者金融社員が教える!低金利で借金を返済する方法

Q:『借金返済方法を教えて!高い金利を低金利にしてラクに返済したい』

もう10年近く、消費者金融で借りたお金を返済しています。途中で一度、リストラにあい、現在は他の仕事に就いていますが、給料はかなり減ってしまいました。そんな中で、毎月5万円近くなる返済がきつくて、結局利息分だけ支払う事が多く、いっこうに借金が減りません。延滞はなく、減額しても利息分だけでも必ず返済していますが、高い金利のままで、これではこの先も借金は減りそうにありません。何か良い借金返済方法はありませんか(Yさん・37歳・男性・会社員)

A:『低金利への交渉はプロの法律相談所に任せましょう』
→アドバイス

消費者金融会社との交渉を、プロの法律相談所にお願いしましょう。個人で消費者金融に連絡をしても、なかなか交渉はうまくいきません。借金返済方法は、プロに相談するのが一番です。

法律相談所のプロならば、例えば「任意整理の申請」をするような方向で話をしながら、カードローン会社が否が応でも金利を下げざるを得ないように交渉できます。消費者金融側としては、例え金利を低くしても、過払い請求をされたり、破産をされて「返済が不可能」な状態になるよりも、少しでも返済してもらった方がいいわけです。ですから、法律相談所が介入した時点で、消費者金融側は一気に態度を軟化させて、低金利の交渉などにも応じてきます。金利を低くし、返済方法なども希望に合うように交渉してもらうのがベストです。任意整理をするなら、専門の法律相談所を利用するのがオススメです。

→Yさんのケース
Yさんはこのアドバイスをもとに、法律相談所に連絡をしました。いざ電話で「現在の借金の状況」を聞かれて、Yさんは「いつ、初めてキャッシングをしたのか、当時の金利はいくらだったのか、契約の書類はどこにあるのか、もう何もかもわからなくなっていた」事に気づいたそうです。正直、どういう状況か把握しないまま、ただ言われるがままに「毎月5万円を15日までに入金しなくては」と、ただそればかりを考えていたそうです。

借金が長引くと、Yさんのように「今いったい自分はどれだけ借金をしていて、残額はどれぐらいで、いくらの金利で、いつ完済するのか」という事も全くわからなくなってしまう事は珍しくありません。Yさんが個人で、消費者金融会社に問い合わせても、消費者金融会社としては「この人、任意整理か過払い請求をかけるつもりか」と思って、場合によってはのらりくらりと話題をすり替えられてしまう事もあります。元消費者金融会社に勤めていたからこそ、わかるのですが、消費者金融としては、とにかく「お客様にはお金を借りたままの状態で、なるべくずーっと返済してもらいたい」んですよ!

債務整理のノウハウや法律を知らない個人での対応は、かなり難しい。Yさんは「弁護士法人サルート法律事務所」に連絡をして、そこで金利の交渉をしてもらいました。結局、最終的に任意整理をしたおかげで、借金の返済は一気に減って、毎月2万円ちょっと、1年程で全て完済したそうです。

Q:『複数の業者からキャッシング、ふくらんだ借金返済方法は?』

最初は5万円のキャッシングをして、すぐに完済したのですが、これで味をしめてしまい、何かと言うと「ちょとだけなら」と次々と消費者金融でキャッシング。信販カードのキャッシングと合わせると、合計で5社、金額にすると200万以上の借金にふくれあがってしまいました。返済日もバラバラで、毎週のように「次の返済はいくらだっけ、お金足りるだろうか」と何かに追い立てられるような生活に心身ともに疲れ果ててしまいました。今は自分がいくら返済をしているのかもわかりません……。ようやく出来た彼女にプロポーズしたいけど、こんな状態では無理。全ての借金をなくし、自分の人生をリセットできる借金返済方法はありませんか?
(Kさん・30歳・男性・会社員)

A:『複数の業者からの借金』
→アドバイス

複数の金融業者から借金を重ねている場合、自分ひとりで借金を完済させるのはまず難しいところです。最初の質問で「プロの法律相談所にお願いするのがベスト」と答えましたが、問題は複数の消費者金融などからの借金整理となると、その着手金なども高くなりがちで、「結局、頼めない」とあきらめてしまうケースがある事です。

現在、債務整理専門の法律相談所はたくさんありますが、中でも「2社以上、複数の金融業者からの借金返済方法」に強いところを選ぶのが大切です。着手金が全くなくても、債務整理をスタートできる法律事務所もあります。借金をきちんと整理しないと、結婚どころか、普段の生活じたいも苦しくなるばかりです。借金返済方法は、必ず見つかります。まずはひとりで悩まずに、相談してみる事が先決です。

→Kさんのケース
過去に勤めていた経験から見て、消費者金融を利用した人のほとんどが「1社」だけではすまなくなります。だいたい、2社から3社は普通、中には5社、6社という人もいます。業者の数が増える程、大手から個人や、中には闇金のような所からキャッシングをして、よりトラブルが大きくなる傾向があるんです。だからこそ、複数の金融業者から借金している人は、専門の法律相談所を利用することをお勧めします。

「借金お助け相談窓口」は、年間実績が5,000件を超えていますが、2社以上の複数金融業者からの借金がある人専用です。着手金は0円でも大丈夫、相談自体は無料です。Kさんは、この借金お助け相談窓口で、まず無料相談をしました。「何を聞かれても、曖昧にしか答えられなくて、自分でも情けなかった」そうですが、借金お助け相談窓口のスタッフは、こうしたケースにも慣れています。多くの業者からお金を借りていると、どこにいくら借りているか、混乱してしまっている場合がほとんどなのだそうです。そういえば、消費者金融会社に勤めていた頃、他社の借入について質問すると、「4社です、あれ、違った、5社だったかも」……こんな回答をする人がけっこういましたよ。借金している業者数が増えれば増える程、混乱してしまうものです。結果的にKさんは、借金返済方法として任意整理をする事になり、その内4社では過払い金が発生、整理後には借金はほぼゼロに近くなり、3ヶ月程で完済。無事に彼女と結婚できたそうです。

Q:『借金返済方法がわからない…どうしたら借金は減りますか?』

最初は信販カードで2万とか3万とかキャッシングしていました。それから、返済が足りない時もあって、簡単に借りられる消費者金融を利用するようになり、気がついたら借金が150万近くになっていました。夫は、全く自分の借金を知りません。毎月の返済日が来る度に苦しくなります。返済が遅れる事もたびたびで、その内、家にも連絡が来るだろう、夫に知られたら、と思うと夜も眠れません。万が一、何か郵送で督促が来たら、と思うと、夫が帰る前にと思って何度も郵便受けを見に行ってしまいます。過払い請求とか、任意整理とか、CMで見たり、何度もサイトで調べたりしたけど、結局よくわかりません……。夫に知られずに、この借金の返済方法があるのか、知りたいです。

(Oさん・33歳・女性・派遣社員)

A:『家族に知られずに借金返済をする方法はあります』
→アドバイス
実に多いのが、「借金をしている事を家族に知られたくない」という要望です。親や夫、妻などに、消費者金融からお金を借りている事を知られたくない為に、無理な返済をする為に、さらに別の金融会社からお金を借りてしまうという悪循環は本当に多いのです。

正直、消費者金融会社側としては、「家族にバレたくない」だから必死に返済してくれるお客は「お得意様」状態です。逆に言えば、本来、借金自体は個人でするものですから、きちんとした法律事務所に相談すれば、家族にバレる事なく、借金を返済する方法はあるんです。借金も放置しておくと、やがて取り立てが始まります。こうなると、家族にどうやってもバレてしまいます。家族にばらすぞ、という脅しが、取り立てには一番有効だからなんですよ。えげつないですけどね……、自分の勤めていた消費者金融は大手なのでそこまでしませんでしたが、でも返済が大幅に遅れてくると、やはり会社や身内の連絡先にも電話したりはしましたよ。

こうした「取り立て」を止めるには、やはり専門の債務整理に強い法律事務所に相談するのが一番です。

→Oさんのケース
「夫に借金している事を知られたくない、バレたくない」だから泥沼にはまってしまったOさんですが、アドバイスを参考に債務整理に強い法律事務所に相談をしました。Oさんが相談したのは、「岡田法律事務所」です。ここは、まずメールで相談出来るので、電話でいきなり話すのが不安という人にも利用しやすいと思います。様々な借金の相談を請負ってきただけに、「家族に知られたくない」という気持ちをとてもよく理解してくれます。

岡田法律事務所の強みは、債務整理でよくある「司法書士」によるものではなく、弁護士事務所という点です。司法書士の債務整理については、色々と細かい制限があるのですが、弁護士になると、自己破産や個人再生で代理人として動けるので、金融業者との交渉でもかなり強気な行動が出来ます。Oさんのように、借金の金額が大きくふくらんでしまっており、さらに周囲にバレたくない時には、やはり弁護士事務所の方が多岐にわたって応対してくれるメリットはありますね。

ただし、弁護士事務所の方が一般的にお金がかかります。岡田法律事務所が、債務整理の口コミで有名になったのは、法律事務所としては比較的費用が安く、利用しやすいからでしょう。

Oさんは、こちらで、債務整理について相談をしました。弁護士というと、ちょっと「とっつきにくい」イメージもありますが、とても親身になってサポートしてくれたそうです。特に「妻が借金をして、夫に知られたくない」ケースは、夫が借金をしている場合より、「もし夫にバレたら」という恐怖感が強い場合が多いようですが、「岡田法律事務所では、連絡も夫がいない昼間の時間だけにしてくれたり」様々に対応してくれたそうです。

一般的な司法書士の場合より、多少お金はかかりましたが、Oさんは無事に債務整理を行いました。夫に知られる事なく、150万の借金を圧縮、縮小して、残額の返済は毎月1万弱、それも半年あまりで完済できたそうです。「もし夫にバレたら」と、毎日、郵便受けを何度も確認し、夜に電話が鳴る度に動悸が激しくなり、スマホも常に呼び出し音を消して、ビクビクと過ごしていた日々がウソのように、今はすっかり元気になりました。

【消費者金融と交渉して「低金利」にして、借金を減らすのがポイント】

体験談からもわかるように、消費者金融を利用した人は「最初は3万円だけ」「5万円だから、すぐに返せる」と思って利用し、そこからどんどんと借金がふくらんでしまったケースが多いんです。借金の金額が大きくなると、それだけ、金利の負担、つまり利息が厳しくなってきます。1万なら18%の金利でも、1年でたった1,800円(単純計算ですから、実際には利息の正確な金額は違いますが)ですが、200万だったら話が違ってきます。

ここで紹介したのは、元消費者金融会社に勤務していた自分としては、ほんの一部の例です。でも、債務整理専門の法律事務所に相談すれば、借金返済方法はいくらでも見つかります。もしも、返済に追われるような、毎日薄氷を踏むように、ビクビク、ヒヤヒヤしながら過ごしているのなら、絶対に、法律事務所に相談して、あなたにとって「完済できる」借金返済方法を見つけましょう。

借金をするという事は、そこに「法律を伴った契約」が、発生しているのです。消費者金融は、簡単にお金が借りられるので、あまり意識しませんが、「法律」がある以上は、そこは専門家の力を借りるのが一番なんです。

ここだけの話しですが、消費者金融会社としては、個人で交渉におよんで来る人は、どうにでも対応できると思っている部分があるんですよ。やっぱり、専門家と違って、なんとでも言いくるめられるという思いはありますからね。しかし、プロ、司法書士や弁護士が交渉に出てきたら、もう全く勝てないのです。

金利を低くしてもらうだけでなく、借金返済方法をいろいろな方向で探ってくれるプロの力を、ぜひ借りて下さい。借金に追われて、精神的に追い詰められて行く人を、自分は、たくさん見過ぎました……。それは、本当は、解決できる問題なのです。借金の返済の為に、自分の大切な毎日を「お金、お金、お金」と追い詰められる生活は間違っています。

ここで紹介した法律事務所は、債務整理に強いので、お勧めです。

売却査定を行なってもらう不動産会社を選定する場合は

不動産売買を行なう時に、時として仲介手数料が要求されないことがあるわけです。本当に支払うことが必要かどうかは、物件の「取引様態」次第なのです。
マンション無料査定サイトに個人情報を記載すれば、複数の不動産業者から見積もりが送られてくることになるのですが、それと同等の営業もあることを知っておきましょう。
不動産査定と申しますのは、土地などの不動産を売りたい時に、どの程度の額で売却できそうかを確定させることですが、査定した人自体が直々に買い取りを実施することはありません。
売却希望者の立場としては、自由に考えられるし、思いのままに査定依頼ができるということになるでしょうが、名前を伏せての不動産査定ということになると、何だかんだと問題が発生すると思われます。
「現在所有のマンションを売ろうと思ったら、いくらの値が付くのか?」と、後々の為にチェックしてみたいと言う人は多いみたいです。その様なケースで有益なのが「不動産一括査定」サイトだと言えそうです。

不動産会社に直に買い取ってもらう形のマンション買取については、仲介と見比べてみておすすめの方法だと考えられるかもしれません。でも、マンション買取とマンション仲介には、それぞれメリットとデメリットがあることも分かっておいてください。
家を売却したいと考えているのなら、不動産業者にその家の査定を実施してもらうことが必要ですが、絶対に高価格で買ってもらいたいと考えるときは、3社程度の不動産業者に査定を申し込むことが必要となります。
現住所とか間取りをはじめとした必要情報を1度打ち込めば、数社の不動産業者から、不動産売却査定額を知らせてもらうことができる「一括査定サービス」が人気です。
売却査定を行なってもらう不動産会社を選定する場合は、徹底的に吟味するようにしてください。単に不動産売却と申し上げたとしても、不動作業者の考えで、査定内容に特徴があるためです。
不動産売買におきまして、何よりも重要なのは、売買物件自体ではなく、本音で言いますと、「申請する不動産会社選びにある。」と申してもいいくらいです。

不動産査定と言われているのは、現実的には「情報収集のために行なわれるものだ」ということを自覚していてください。家族で一緒に過ごしたマイハウスを売ることになるのですから、今以上に情報収集しなければなりません。
家の査定の申し込みをする不動産会社は、本当に売却の申請をする可能性が高いということを頭に入れながら、4〜5社程度に絞ればいいと考えます。
「全国規模だから」とか、「営業がよく気がきいたから」というような訳で、マンション買取業者を選んでは失敗します。業者選択をミスりますと、買い取り価格が安くされてしまう要因になります。
家の査定を行なっている業者しだいで、異なってしまうことも稀ではありませんが、市場データの考査法が異なっているとか、需給環境の見定めに異なりがあるためだそうです。
今居住の家を売却したお金で住宅ローンを返済することを希望するなら、何が何でも住宅ローン残高、プラス仲介手数料で家を手放すということにならないと、赤字を意味するということです。
【不動産売却ナビ】 離婚・住宅ローン残債ありのケース

大半の人においては

家の査定の依頼をする業者は、リアルに売却をお願いする可能性が高いということを想定しながら、4〜5社くらいに絞ったら良いと言っていいでしょう。
マンション売却マンション売却に関しましては、買取業者に頼まなくても可能です。けれども、これには利点と欠点があると言えます。しっかりと比較検討して、あなたにフィットする方法を見極めなければなりません。
土地を売却することを検討する時、専門家に任せるという意味で不動産業者をイメージされるのではないでしょうか?しかしながら専門家ですからと安心して、土地売却のあらゆることを委任してしまうことは、あまり賢明とは言えません。
「突如それなりのお金を用意することになったので、土地を売却することになった」といった状態なら、一括で複数の不動産会社に土地無料査定を頼んだら、楽に買取業者が見つかるはずです。
不動産査定と言われているのは、実質的には「情報収集のひとつの手段である」ということを念頭に置いておいてください。家族で一緒に過ごしたマイハウスを売却することになるのですから、できるだけ多く情報収集しても良いと思いますね。

マンション無料査定をしてもらってとしても、真に購入したいという方に出会うまで契約は宙に浮いたままです。高額査定をした業者に全権委任したけれど、買い手を見つけ出せないということは少なくありません。
マンション売却に伴って、間違いのない査定額を算定するには、現場訪問しての現状確認が要されますが、大体の査定の金額でも良いということであれば、インターネットを通しての簡易査定も問題なく可能です。
何はともあれ、不動産売買は相当な価格での取引になるはずですから、落ち度なく注意点を押さえつつ、そつのない思い描いていた通りの売買を行なってください。
兎に角、何社かの不動産業者に家の査定を依頼することから開始することにして、その査定の額によって「売り出し金額をいくらにするのか?」などを判断することになるのです。
不動産の査定結果に違いが出る素養として、「不動産会社が相違すれば不動産査定に対する思考法に違いが生まれる」という点が想定されます。

『不動産一括査定』を活用すれば、あなたが売りたいと考慮している家や土地などが、「どのくらいの評価額なのか?」、「どの程度で売れるのか?」が知れます。
不動産買取に関しては、「少々値が下がってもいいので、できるだけ早く売ってしまいたいという人にちょうどいい」といったイメージがあります。けれども、少々でも高額で売りたいというのは、売主ならみんな思うはずです。
「不動産会社が大きいか小さいか」とか、「名前は浸透しているのかいないのか」ということよりは、不動産売買を行なう時に欠くことができない、情報収集能力や販売力ちゃんとチェックした上で、会社を定めることが必須です。
不動産買取であれば、不動産業者がダイレクトに買い取る形です。簡単に言うと、ご自身が運転を堪能してきた車を車買取業者に売却するみたいなイメージだと言えばわかりやすいでしょう。
大半の人においては、不動産の売却はそうそうあることではないですよね。とにかく家を手に入れたら、永久にその家で暮らすことが一般的なので、不動産売却の攻略法を知っているなどということはありません。